面接で自分の話をするように言われたとき

面接で自分の話をするように言われたとき

面接で自分の話をするように言われたとき

アルバイト、新卒、転職などで就職活動をするときに必ず提出する書類として履歴書があります。こちらには名前のほか、生年月日や住所、学歴、職歴、志望動機など様々なことを記載して提出するようになっています。フォームなどが決められているので比較的書きやすいですが、これによって自分自身のことを知ってもらうことができます。

書類審査のほかにあるのが面接です。書類だけでその人のことを知るのは難しいですからほとんどの場合に行なわれます。このときに自分の話をするように言われることがあります。既に履歴書を提出していたり、転職なら職務経歴書を提出しています。それらに記載されていることでわかってもらえるはずですが、どのように離すかです。

基本的には履歴書、職務経歴書に記載されている内容について話します。履歴書に書かれていることについてはそのまま話していけばよいでしょう。この質問は最初にされることになるので、大事なつかみをする部分になります。できるだけすらすらといえるようにしている方がいいでしょう。履歴書の部分については氏名と年齢、最終学歴等を中心に話します。志望動機などはここでは伝えなくて良いです。転職なら職務経歴を1分ほどにまとめて話します。